The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
勝利をイメージ・・・できませんでした
2012-02-07 Tue 07:09
先日参加してきたヴァンガードのチームフェスティバル(大阪)の結果の報告をしたいと思って更新しました。
まあ、結果だけで言えば御影のイメージ通り予選突破は夢のまた夢という感じでした。


一回戦 ディメンションポリス ×
対戦相手も御影同様、ヴァンガードを始めて間もないという方だったんで結構落ち着いて対戦できました。
ですが、相手は要所要所でうまくトリガーを乗せてきたことに対し、御影のトリガーの引きの悪さが目立ち、マジェスティの攻撃を全部防がれてしまって惜敗。

二回戦 オラクルシンクタンク ◯
Mがオラクル使いだったため、相手の動きもあらかた予想できたので落ち着いて対処しての勝利。
うまくデッキがまわったこともあり、マジェスティのスキル後にもリアガードが充実していたのでかなり安定した一戦でした。

三回戦 かげろう ◯
チーム内にかげろうが二名いたので、こちらはアンバー軸だった模様。それでもやはり出てくるジ・エンド、さらに相手が先攻だったこともあってかなり劣勢に立たされるかとおもいきや、相手のリアガードがあまり出て来なかったのでかなり安定して勝利を勝ち取れました。

四回戦 シャドウパラディン ◯
こちらが先攻を取るも、手札が事故り気味でイゾルデにライドするという幸先の悪いスタートを切ってやや劣勢に。
加えて相手はファントム・ブラスター・ドラゴンからのクロスライドを決めて13000打点まで現れましたが、トリガーやドロー運に恵まれて何とか巻き返しに成功。
相手のほうもクロスライド後の引きがよくなかったのか、結局リアガードにマスカレードが2回出てきた程度でどうにも攻め手が少なくこちらのマジェスティ&バロミデスのグレード3コンビの猛攻によって勝利。


Dブロック 『チーム ド田舎』 成績1勝3敗
個人成績は
先鋒 モノ  ××××(使用デッキ たちかぜ)
中堅 御影 ×◯◯◯(使用デッキ ロイヤルパラディン)
大将 M   ◯◯××(使用デッキ オラクルシンクタンク)
という結果でした。
やはり全国大会という先がなかったためか、いわゆる御三家と呼ばれるガチデッキが少ないかなーという感じでした。それでもやはりかげろうだけは多めという感じはあったので、ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンドの脅威さを物語っていますね。
御影個人としてはそこそこ結果を出せたので満足していますし、Mも夏にチーム戦の全国大会があるなら今度はガチで挑むとやる気充分。次のチーム戦があるならまた挑みたいところですね。

最後に、今回御影が使用したデッキレシピは追記のほうで記載しておきます。

『グレード0』 17枚
ういんがる・ぶれいぶ(FV)
世界樹の巫女エレイン×4
幸運の運びてエポナ×4
まぁるがる×4
武器商人ゴヴァノン×4

『グレード1』 14枚
閃光の盾イゾルデ×4
小さな賢者マロン×4
友誼の騎士ケイ×4
アポカリプス・バット×2

『グレード2』 12枚
ブラスター・ブレード×4
ブラスター・ダーク×4
スターコール・トランペッター×4

『グレード3』 7枚
マジェスティ・ロードブラスター×4
爆炎の剣士バロミデス×3

何度も調整を重ねた結果、やはりマジェスティ・ロードブラスターのスキルを使うという最前提を突き詰めたほうが効率的だとたどり着いたのでこのような構築にしました。
とにかく最速のターン数でマジェスティのスキルを発動させたいところです。構築上ういんがる・ぶれいぶとスターコール・トランペッターの効果、8枚投入しているドロートリガーのおかげで遅くても4巡目には準備が整うと思います。
しかし、逆にそこまでパーツが揃わなければ攻め手が少なく、シールド値の低さからもジリ貧に陥ることも多々あったり。結構な博打要素の含んでいるので運用には注意が必要ですね。
別窓 | カードゲーム | コメント:0
<<また、桜の咲く頃に | 御影のゲーム日記 | 今期の一押しはなんと1話3分>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 御影のゲーム日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。